先日、長久手市仏が根にあるおじいちゃんの家の遺品整理を業者さんにお願いしました。

 

 

その中で私たちが一番苦労したのが、業者さん選びでした・・・(-_-;)

 

 

そこでこのサイトでは私たちが選んだ業者さんを紹介するだけではなく、どういった点に注意した方がいいかなどまとめたので参考にしてください(^^)/

 

軽く自己紹介させてください

はじめまして、長久手市仏が根に住んでる春奈といいます。

 

 

仏が根っていうよりイオンモール長久手とか長久手古戦場跡の近くっていったほうがわかりやすいかもです。

 

 

話しは少し変わりますが、長久手でラーメンといえば真砂って人も多いんじゃないですかね?

 

 

私もとにかく好きすぎて、週に1回は必ず食べに行きます(^^♪

 

 

名古屋に1号店があるみたいなんですが、焼豚麺がとにかくおいしいんですよね。

 

 

高山で食べる本場の高山ラーメンよりも絶対においしいと思います。

 

 

食べたことがなければ絶対に食べてほしいなーと思います。

 

 

すいません、ちょっと脱線しましたが本題に入りますね(^^)/

 

同じ片付けで64万違うのは、なぜ???

おじいちゃんの家は同じ敷地にあるんですが、昔ながらの大きな家って感じです。

 

 

さらにおじいちゃんより前に亡くなったおばあちゃんの荷物もそのままの状態で、軽いゴミ屋敷状態(^-^;

 

 

おじいちゃんが亡くなって49日の法要も済んだので、そろそろ片付けようということになりました。

 

 

最初は自分たちで片付けようか考えたのですが、両親も兄も私も土日休みなので晴丘センターまで粗大ごみを持って行くことができません。

 

 

そこで業者さんにお願いしようとなったんですが、ネットで調べてもたくさんの業者がありすぎてどこにお願いしていいかわかりません・・・(-_-;)

 

 

長久手市内には遺品整理の業者さんがなかったので、名古屋市内にある業者さん3社に声をかけ、見積もりに来てもらいました。

 

 

金額としては102万、137万、166万って感じでした。

 

 

家族みんなで、『同じ片付けの仕事でなんでこんなに金額が違うの?高いのは嫌だけど、安すぎるのも怖いよね・・・』と話し合っていました。

 

増子さんが177万円で買ってくれました(^^♪

そんな時、中日新聞に増子さんのお店(ファミリーリサイクルさん)のチラシが入ってました。

 

 

片付ける前におじいちゃんやおばあちゃんの荷物で売れるものはないかということで、出張査定に来てもらいました。

 

 

おじいちゃんが集めてた掛け軸や陶器なんかが全部で23万、おばあちゃんの三味線や琴、着物なんかが全部で11万になりました。

 

 

そして増子さんに、遺品整理で見積もりをとったこと、金額がバラバラだったこと、相談しました。

 

 

遺品整理では作業後に追加料金を請求したり、山へ不法投棄したり、現金や売れそうな物を持ち帰ってしまうなど業者選びには注意しないといけないと教えてもらいました。
参照⇒長久手市の遺品整理業者でオススメは?

 

 

そこで増子さんが提携してる業者さんを紹介していただき、見積もりをとっていただくと105万、今回の買い取りを差し引くと71万でやっていただけることになりました。

 

 

さらに決め手になったのは、作業中は増子さんも立ち会って売れそうな物はその場で査定をしてくれるということでした。

 

 

3日間の作業でしたが、タンスの中や服の中から現金が324万も出てきたことには驚きました。

 

 

さらに押入れの奥の箱からおばあちゃんのアクセサリーなどがたくさん出てきて58万、おじいちゃんが昔買って押入れにしまってあったロレックスの腕時計が79万になりました。

 

 

家具やテレビ、冷蔵庫など新しいものがあり全部で6万円になりました。

 

 

結果、作業中に出てきた買い取りできる物だけで143万円になりました。

 

 

最初の買い取りで34万だったので、おじいちゃんの家から177万の買い取りできる物が出てきたことになります(*^-^*)

 

 

タダで片付けしたもらっただけでなく、差し引き72万円のお金をもらえました。

 

 

もし、てきとーな業者にお願いして現金や売れる物を盗まれていたらと思うとゾットします(-_-;)

 

 

増子さんにお願いして本当によかったですm(__)m

 

 

ちなみに増子さんのお店は豊田市にあるんですが、長久手にも無料で出張買い取りに来てくれますよ(^^)/